いろいろなビジネス&ジョブについてお話しています

WEBデザインの仕事上のトラブル

WEBデザインの内職を、もし下請けとして作業をする場合、やりとりの相手は依頼をだしてくれた企業となります。
この場合のトラブルとしては、仕事の契約内容を事前に確認することで、回避することができます作業内容と納期、報酬の受け取り方法など必ず確認をするようにしましょう。
もちろん契約する相手企業のことも、どのような会社であるのか、実績はあるのかなど確かめたうえで契約を行うべきですもし、仕事を受注するために事前に登録費用、研修費用などを事前請求されるような会社であれば、注意をした方がよいかもしれません。
また自分自身で事務所を開業してWEBデザインの内職に取り組むのであれば、直接制作の依頼主が相手となります。
トラブルをさけるために契約書を作ったり、信頼関係を築いたりすることが大切なのです。
また作業を行った後に支払いをしてくれないというトラブルも存在します。
事前に半金を納付してもらったり、仕事をすすめるために協力を求めなければならない部分は相手に理解を求めたり開業まえにお仕事を受けてから納品、お支払いまでの流れを自分なりにシミュレーションしておくとよいかもしれません。
またWEBデザインを在宅ワークとしてはじめるにあたって、募集方法や探し方についてですが下請けとして、WEBデザインの案件を探したい場合は、現在インターネット上で、WEBデザイナーと企業をマッチングしてくれるサイトなどが存在するので、登録をしてお仕事の紹介をしてもらうのもよいかもしれません。
ただ、この場合は、紹介料として、そのサイト運営会社に一部手数料をとられてしまいますので、少しでも売り上げをあげたいということであれば、直接案件を探す形が理想といえます。
また直接案件を受けたい場合は、リアル活動であれば、飛び込み営業、ダイレクトメール、チラシ配布などを行う方法もあります。